通勤時間にシネマレビューするブログ

アラサーサラリーマンが独自チャートと一言ラップを添えて映画レビューします

映画『ミリオンダラー・ベイビー』ネタバレレビュー 〜生きることが死ぬことの人生〜

この記事をシェアする

3行あらすじ

  1. 人生逆転を狙う女を、
  2. 立派なプロボクサーを育てるが、
  3. 夢半ばで悲惨な結末を迎える
「グラン・トリノ」「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッドが監督・主演のヒューマン・ドラマ。小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。ある日、31歳になる女性マギーがフランキーに弟子入りを志願するが、追い返してしまう。フランキーの親友スクラップは、諦めずジムに通うマギーの素質と根性を見抜き、目をかける。フランキーはついにトレーナーを引き受けるのだが…。

出典元:Amazon CAPTCHA

www.youtube.com

おはようございます!Tackです。

今日も通勤電車の中で視聴した映画を紹介します。

今回は映画『ミリオンダラー・ベイビー』です。

 

一口メモ 〜生きることが死ぬことの人生〜

Tack's Review

 

f:id:feeling_good:20190710001021p:plain

どんな人におすすめ?

 

  • クリントイーストウッド監督映画を観たい
  • もう歳だからと諦めがちな人
  • 父と娘のストーリーが好き

 

クリントイーストウッド監督作品!

 

今作は皆さんご存知クリントイーストウッド監督、主演による作品です。実はこれまで彼の作品では、硫黄島くらいしか観たことが無かったです。なんとなくヒューマン系なんだろとは思っていましたが、彼はどんな作風なのか楽しみでした。

 

見終わった今はずーんと重い感じです。ずーん通り越してずどーんと重いです。

単なるサクセスストーリーという訳にはやっぱり行きませんでした

 

さらに脇役はモーガンフリーマンと安定感抜群。ベテラン2人による演技や芝居で違和感を感じることはなかったですね。

3時半起きでトレーニング

 

主人公マギーは拒否され続けるジムをなんとか拝み倒しトレーニングを始めます。朝早くから夜遅くまで。3時半に起きてランニングもしてました。

私自身作中のマギーと同じ31歳なので、あんなに頑張れるなんてすごいなぁと思ってしまいました…毎日6時半くらいに起きてますが、3時間も睡眠時間短かったら眠くて死ぬと思います。

 

さらにバイトまでこなし、スピードバッグをジャリ銭で買うなんて。彼女のひたむきな姿勢に胸が熱くなりました。

 

スラムダンクの矢沢にはならなかった

 

スラムダンクでは、将来有望選手の矢沢が自分の成長を顧みず海外に挑戦して、安西先生が失望する描写があります。

今作はそうはなりませんでした。フランキーが育てたウィリーが移籍するのですが、すぐチャンピオンになってましたね。クソー。

 

そもそもモーガンフリーマン演じるスクラップの立ち回りに疑問を感じました。なぜ他のジムへ斡旋するのでしょうか。マギーもされていた事から、おそらくウィリーもそうなのでしょう。慎重になりすぎるフランキーに機会を奪われる若者がかわいそうだから?フランキーが原因で失明したから?ジムが大きくなる事が嫌だから?理由を考えてみてもどれもしっくり来ず、想像できません。

途中、フランキーからチーズバーガーを貰うシーンがあるのですが、めちゃめちゃ疑ってて笑いました。本当に挟まってるのチーズか?大丈夫か?的な。2人の関係性を表しているようでしたね。

彼女にとって生きることが死ぬこと

 

前半の成り上がりパートの後は怒涛の気分落ち込みパートでした。

観終わった時のスコアは78点でしたが、動かされた心の量で言ったら90点超えてます。ストーリーが重すぎて、良い映画だったなぁと思わせてくれません。

ほんとツライ。ザ・ウォールのときに感じた救われなさと同じです。 

 

www.tackblog.com

 

ただこちらの方がはっきり明と暗が分かれているように感じます。マギーの家族のクソさと娘のように世話をするフランキーの対比。ボクシングが上達する様と全く動けない様の対比。後半に行くに従って映像のコントラストも高まっていました。

 

彼女にとって生きることは死ぬことになるという言葉が印象的でした。

たしかに生きれば生きるほど栄光の階段を駆け上っていた感触から離れてしまう。さらに唯一心を許したフランキーも高齢。彼が殺してくれなければ、死ねないまま生き続けることになり、死ぬよりも辛いことだったのだろうと想像します。それをフランキーも理解していた結果が、この作品を考えさせる大きなポイントでしたね。

 

モ・クシュラ。愛する人よ、お前は私の血。その思いを表すストーリーでした。

今日の一韻

 
スピードバッグを突き飛ばす、マギーへ償う、罪と罰

Tackが利用した配信サービス 

 

アマゾンプライムビデオ まずは30日間無料お試し