通勤時間にシネマレビューするブログ

アラサーサラリーマンが独自チャートと一言ラップを添えて映画レビューします

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』レビュー 〜陰毛誕生に聞こえる〜

この記事をシェアする

こんばんは!Tackです!

通勤時間にアマゾンプライムビデオのレビューをします!

今回は映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。

 

一口メモ 〜陰毛誕生に聞こえる〜

 

Tack's Review

f:id:feeling_good:20190605223018p:plain

こんな人におすすめ

 

  1. 最近テンションが上がることがない
  2. モータースポーツが好き
  3. ストーリーは要らない、アクションが観たい

 

大事なのはグルーブ感

 

大学時代の友人がしょっちゅうV8!V8!V8!と腕を上に上げて連呼していました。

いやいやV6は知ってるけども、8ってなんやねん、よくわからんって思っていたのですが、この度アマゾンプライムに配信されており、友人を理解するために視聴しました。

 

ストーリーはいたって簡単でした。砂漠のドロケイ、ルール無し。以上。

そしてなによりストーリーは知ってもあんまり意味がないことも同時に理解できました。

 

結果、個人的には周りの人が熱狂するほどヒットはしませんでした。

 

この映画を好きという人は、映画館という空間で、同じ興味関心がある複数人と時間を共にする一体感が好きなのかなぁという感想です。

例えばお祭りやフェスにしても、そのライブ感と会場のバイブスが上がってくる感じに心地よい印象を持つと思います。

フェス行ったことないから知らんけど。

 

今回も通勤時間に黙々と一人で視聴したため、電車内でハイテンションでウェーーーーィとなることもなく。トラックの先端にご機嫌なギタリストがいてもフォーーーーゥとなることもなく。

とことん温度差があったのかもしれません。

 

もちろん迫力のあるアクションシーンや豪快なカーチェイス、美人のヒロインなど見どころはたくさん。一見の価値ありと思います。私も楽しむことはできました。

 

ただ、これは奥さんの趣味じゃないな、とすぐ思いました。

例えるならば、あなたがこの映画が好きで彼女と観に行って、彼女も本当に楽しんでくれてたら、その彼女を大切にしたほうがいいです。

女性ウケはしなさそうof the year 受賞と思います。

 

実は求心力のある良いリーダー

 

イモータンジョー、なんであんなに慕われているんでしょうか?

水を管理されカラカラで、働かせられても命令に従えるなんてなんぞ?と思いました。

 

ただ観てると意外と部下の提案を承諾したり、ここぞって時に意思統一のスピーチをしたり、実は人身掌握に長けているなと感じました。

ウォーボーイズの心情が見られるのもこの作品の見どころ。イモータンジョーのために命を捧げる事を名誉に考えてますよね。

 

終盤、仲間の女戦士(名前が分かりませんが)のバイクが転倒し、イモータンジョーに銃で攻撃してるシーン。正面から轢き殺すと見せかけて車の下をすり抜けられていました。あれも何となくイモータンジョーがわかってそうしていた気がしますよね。本当に殺そうとしていたらタイヤを当てるだろうし。

 

いわゆる極悪のリーダーと言うよりは、目的に対して必要な事をする良い上司なんじゃないでしょうか。

 

 

 

細かいところが気になっちゃう

 

とは言え、観ていてツッコミたくなった場面は多々ありました。

箇条書きで失礼します。

 

・イモータンジョーが陰毛誕生に聴こえる。これは皆さんは聞こえないと思います、私だけです。すみません。

 

・蒸れそうな透明の鎧だなぁ。。ベビーパウダー付けても、砂漠暑そうだし意味なさそうだなぁ。

 

・輸血、もう少し大事にした方がいい気がする。ってか人間同士繋いで流したい方向に血って流れるんかね。

 

・めっちゃ水使うじゃん、もったいな。

 

・太鼓叩く人、腕が辛そう。ギターの人の方が目立つし、やるならギターがいいなぁ。

 

ただこの映画は、そう言う事じゃない。

とにかくテンション爆上げになるための映画なんです!細かい疑問は抜きにして、輪になって踊ろう(結局V6)

今日の一韻

 

マッドマックス 観てもアガらない、スカす奴は大抵持ってるスターバックス!

 

Tackが利用した配信サービス 

 

アマゾンプライムビデオ まずは30日間無料お試し