通勤時間にシネマレビューするブログ

アラサーサラリーマンが独自チャートと一言ラップを添えて映画レビューします

映画『キック・アス』レビュー 〜とにかくヒットレディがグロかわいい〜

この記事をシェアする

3行あらすじ

  1. 冴えない高校生が
  2. グロかわいい女の子と
  3. 悪に立ち向かう

NYに住むデイブ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクで、自分もヒーローとして勝手に街で活動を開始。何の特殊能力も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の活動がネットで話題になり“キック・アス”の名で一躍有名に。やがて高度な訓練を受けた美少女ヒーロー“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)とその父“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)の力を借りて、犯罪組織に立ち向かう!

出典元:アマゾンプライムビデオ

www.youtube.com

こんにちは!Tackです!

今日も通勤時間にアマゾンプライムビデオのレビューをします!

今回は映画『キック・アス』です。

 

一口メモ 〜とにかくヒットレディがグロかわいい〜

Tack's Review

f:id:feeling_good:20180518145156p:plain

こんな人にオススメ

 

  • 何も考えず、スカッ!としたい
  • 派手なアクションを見たい(微グロ含む)
  • ツンデレ的なギャップ要素が好き 

 

現実でヒーローをやったらどうなるか 

 

映画は衝撃的なオープニングから始まります。
夢に出てきそうな落下感ある怖さがありますね。チュドーン!!!って感じ。


ポスターのイメージだと単純なヒーローものかと思ってしまいそうなので、オープニングのシーン含め、小学生が見たらトラウマになりそうです。(R15でした、やっぱりね)

 

この映画を見て最初に思ったのは中二病です。
誰しもが通った中二病。それを思い出させてくれました。自分は人とは違う、きっと大きなことができるはずだ!的な。


小学生のとき、海に向かってかめはめ波を打って天津飯に褒められる夢を見たことがあります。 中学生のときはバク転ができる夢をよく見てました。起きてから実際やろうとしたこともありました。


無理でした。ヒーローではありませんでした。

(バク転は本気出せばわからないけど、かめはめ波は絶対、無理of無理)

 

この映画も、自分はヒーローになれる、なぜヒーローなる人が他に居ないんだ?という疑問を元に、果敢に挑戦していきます。 ただそんなものは幻想で、リアルじゃない。 そう教えてくれるシーンがたくさんあります。 

 

きっと我ならば、我関せず人生 

 

特に印象的だったのは、レストラン前でボコボコに殴られるシーン 。人を助けているシーンを見られて、ヒーローだ!!と騒がれるシーンです。

自分をその場に置き換えると、人を助けるヒーローでも、ヒーローだと騒ぐ人でもなく、レストランの店内から覗くだけの名もなき人間なんだろうな…と思いました。日本人ですし、目立ちたくないですし、お寿司。

 

なかなか何事にも当事者意識するってできないですよね。道端で困ってる人が居ても、誰が他の人が助けてくれるだろうと無視してしまったり。それこそ電車内でケンカしてるおじさんを白い目で見たり。

それでいい、関係ないし。って思った時点でスーパーヒーローになりたいって思える人間にはならないってことですよね。

 

なかなかアクション映画で自分を投影することって無いですが、ふとそう思いました。

 

ストーリーは、母の仇を打つような話なのですが、内容は余り関係ない かもしれません。
それよりも、まず感じるのは、

 

 

ヒット・ガールかわいい 

 

です。

クロエ・グレース・モレッツという女優さんなのですね。今後作品選びのポイントになりそうです。ほかの出演作もチェックしなきゃ。

 

単にかわいいだけでは無いです。めっちゃ強いです。天下一武道会でパンちゃんが気円斬使えるくらい強いです。(ドラゴンボールネタばかり言う記事になってしまいました。アラサーあるある)


悪役をバッタバッタと倒していきます。シュパッと体が切れるシーンを電車の中で見たときは、痛そう過ぎて、直視できませんでした…

もしかすると、苦手な人はキツいかもしれません。


反面、父親役のビッグ・ダディ(ニコラスケイジ)への反応や、時々見せる幼い女の子らしい姿が非常にかわいい。ギャップ系ラブリーです。

 

もっと普通の女の子の過ごし方をした方が幸せなんじゃないと思いました。が、そうじゃないことは次作で確認できました。おいおいそのレビューもします!

 追記:続編もレビューしました!

www.tackblog.com

 

今日の一韻

 
へなちょこヒーローキック・アス、それでも掴むぜビックチャンス!

Tackが利用する配信サービスは

 

アマゾンプライムビデオ まずは30日間無料お試し