通勤時間にシネマレビューするブログ

アラサーサラリーマンが独自チャートと一言ラップを添えて映画レビューします

映画『ダーティ・グランパ』レビュー 〜こんなおじいちゃんは嫌だ〜

この記事をシェアする

3行あらすじ

  1. ヤバイおじいちゃんが
  2. まともな孫をそそのかして
  3. 人生変えちゃう
1週間後に挙式予定のカタブツ弁護士ジェイソン(ザック・エフロン)は、祖母の逝去の知らせを受けて葬儀に参列する。彼は一人残された祖父ディック(ロバート・デ・ニーロ)に半ば引きずられるように、祖父母の思い出の場所フロリダへと旅に出る。ところが、ディックは40年ぶりの独身生活をエンジョイし、朝から酒浸りで葉巻を吹かし、ナンパに明け暮れ……。

出典元:ダーティ・グランパ (2016) - シネマトゥデイ

www.youtube.com

こんばんは!Tackです。

今日も通勤時間に観た映画をレビューします!

映画『ダーティ・グランパ』です。

 

一口メモ 〜あんなおじいちゃん正直無理〜

Tack's Review

 

f:id:feeling_good:20190715010413p:plain

どんな人におすすめ?

 

  • 土曜日の午前中にやることがない人
  • いままで真面目に生き過ぎてきた人
  • はちゃめちゃなデニーロが観てみたい

 

最初から最後まではちゃめちゃ

 

この作品、始まって数分後から最後までずっとはちゃめちゃです。まともなのは3分くらい。それからずっと頭おかしいです。この作品もアマゾンプライムビデオをダウンロードして電車の中で視聴したので、周りの目が気になりました…休日やることがなくて暇だなぁ〜っていう昼前に、家で寝っ転がりながら見るのがちょうど良いです。王様のブランチを見るかこれを見るかくらいの感覚がちょうど良い。

 

なんせ隠語や下品な言葉はもちろん、顔中にチンチンを描きまくり。とにかくチンチンの絵が何度となく出てきます。射精するペニスの風車だ!ってなんじゃそりゃ。よくそんな絵思い付くなぁ。

 

とにかく全体的におかしい。まともなジェイソンが凄い寒い感じになってました。よくシャイな人がノリが悪くて逆に浮いてるっていう感じでしたね。周りが頭おかしすぎです。特に警官。2回目にジェイソンが捕まった時、ストーリーが展開するか!?と思いきや次の日には釈放。1回目に着替えさせられるのは理解できますが、2回目も何故か着替えまでさせられてるし。笑

ストーリーはあってないようなもの

 

前記の通り終始あたまおかしい感じ。物語の趣旨は、真面目にお堅くまとまった孫に人生を取り戻させるという筋なので一応あります。ただ、本当に下品でブラックジョークがたっぷりなので、最後のオチに気が回りません。

しかも、そのオチでジェイソンはいいのか!?って感じ。食事会のスライドショー見る限り、幸せそう。たしかに歌いながら浸っちゃってる嫁はだいぶキモかったですが、ほんとにいいのか?と思っちゃいました。

見所はデイトナビーチではっちゃけるデニーロ

 

妻に先立たれたロバートデニーロ演じるディックは葬儀翌日から遊びまくり。これから好きなように生きて欲しいという遺言?を忠実に従うために、いかにもパーティーピーポーが居そうなビーチに向かいます。そこでは海水浴する人やライブイベント、プールパーティなどイケイケな空間が広がっていました。

とにかく遊んで遊んで遊びまくる!ステージに上がった時には、注目を浴びるために無駄にすごい組体操までやらかしてましたね!仲が良かった子供の頃を感じさせてほっこりしましたが、他の映画たちで感じるほっこりに比べてたら、微々たるほっこりさですが。

 

ちなみに作中でも移動に使う道路も話していたし、実際にあるのか?と思って調べたらありました。デイトナビーチ。場所はここ。

skyticket.jp

大学生の春休みの旅行先の定番らしいです。デイトナビーチはビーチはもちろんのこと、デイトナ・インターナショナル・スピートウェイというサーキットがあり、モータースポーツのメッカとして有名だそうです。

フロリダではこれぐらい普通だぜ!的な描写がたくさんありましたが本当何ですかね…。旅行に行くのちょっと怖くなっちゃうのですが。

 

 

そもそもこれ誰をターゲットに作った映画?

 

この作品を観終わって最初に感じたのは、これ誰をターゲットに作った映画なの?ってことです。ポスターと邦題を見ると、わがままおじいちゃんに振り回されるんだろうなぁ、くらいは感じ取れました。が、度を越す下品さ。

中学生以下には見せられない。初々しいカップルには気まずい雰囲気が流れそう。シニア層には受け入れられなそうだし、女性はドン引きしそう。30代から50代くらいの男性がターゲットなんでしょうかね。それにしちゃポップ過ぎるポスターな気もして、モヤモヤ。

観てるこっちが心配することではないですが、最初に観たいと思わせる入り口と、ストーリーや演出で感じる出口のイメージが違い過ぎると、観てくれた人を満足させられないんじゃないかと思ってしました。

 

今日の一韻

 
はっちゃけまくりのダーティグランパ、デニーロさながらチン獣ハンター

Tackが利用した配信サービス 

 

アマゾンプライムビデオ まずは30日間無料お試し