通勤時間にシネマレビューするブログ

アラサーサラリーマンが独自チャートと一言ラップを添えて映画レビューします

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』レビュー 〜伏線回収が最高〜

この記事をシェアする

こんばんは!Tackです!

久しぶりに通勤時間にアマゾンプライムビデオのレビューをします!

今回は映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』です。

 

一口メモ 〜伏線回収が最高〜

 

 

Tack's Review

f:id:feeling_good:20190529231951p:plain

こんな人におすすめ

 

  1. 手に汗握るアクションが観たい
  2. オチでスッキリしたい
  3. いままでに溺れたことがある

 

豪華なアクションシーン!

 

前回マミーをレビューした際、この作品を思い出して観たくなったので再鑑賞しました。連続トム・クルーズです。

 

前作ゴーストプロトコルから引き続き、ドキドキハラハラのアクションシーンが盛りだくさん!オープニングの飛行機ぶら下がりから、水中、車、バイクと見応えたっぷりの内容です。

今回この作品を観るのは3.4回目ですが、何度見ても楽しいですね!ゴーストプロトコルに劣らずこちらもお気に入りです。

 

水中から潜入するシーンはこっちまで息苦しくなります。金属探知によってボンベを使えないという状況から素潜りするのですが、心臓の音が速くなり、力尽きそうになります。その映像の視点が一人称主観でとても引き込まれる演出でした。

私自身、大学時代に奥多摩のキャンプ場で溺れたことがあります。泳げる友人に突き飛ばされ、足が底につかずに超パニック。本当に死ぬかと思いました。

本当に溺れて死んだらこんな感じなのかと。あー怖い怖い。

 

私的にはカーチェイスのシーンがお気に入りです。スーパースポーツバイクを乗っていた経験もあり、非常にスリリングな展開を味わえました。あのバイク、あの薄着であんなに飛ばすなんて怖すぎ。よくやるなぁ。

どんなにプロに習ってもできないです。さすがトム・クルーズ、恐怖狂うず。(韻を無理やり踏みました)

最後の転ぶシーンを見るたびに伊豆スカでコケたことを思い出します…

 

ちなみに今回も車やバイクはBMWでしたね!

毎回実世界ではありえない機能を持った乗り物が出てきますが、今回は少なめ。車のキーが生体認証だけでした。

 

 

細かい笑かしポイントも高め

 

ミッション:インポッシブルシリーズが好きな理由の1つに小ボケが散りばめられているところです。

戦闘相手が思ったよりデカくてビビる劇場でのシーンだったり、モロッコで4WDの車を選んじゃうシーンだったり。たしかにダート道が多そうだから選ぶ気持ちもわかります。

 

そういうアメリカンジョークを毎回楽しみにしています。前作のゴーストプロトコルにイチオシのジョークがあるので、そのうちレビューで紹介します!

 

スカッとする伏線回収 

 

アクションももちろんですが、オチの気持ちよさが最高です。序盤に主人公イーサンハントがシンジケートのボスにレコード屋ではめられるのですが、全てはあのシーンから始まった事ですもんね。目の前で同僚を殺された悔しさと怒りが原動力になり、ラストのあのシーンに繋がるということです。

 

観終わるころには、気分がスカッ!とすること間違いなし!新作も公開されましたね!まずは劇場で、繰り返しはアマゾンプライムビデオに期待します。

 

Tackが利用する配信サービスは

 

アマゾンプライムビデオ まずは30日間無料お試し